花粉はいつまでがピークなの?対策はしっかり!

突然発症することも?花粉症になるメカニズム

日本人の場合25%もの人が花粉症にかかっていると言われています。
国民病ともいわれていて、春先にマスクをする人が増える事でも知られているでしょう。

今まで花粉症ではなかったのに、ある日突然発症することもありますが、これにはきちんとした理由があります。
花粉症が突然発症するメカニズムは、本来体を守るためにある免疫が理由です。
人間の体内にウイルスや細菌が入ってくると、体は排除しようとします。
リンパ球が侵入者として判断すると、抗体が作られます。
この抗体というのは、鍵のようにひとつの侵入者に対してひとつの抗体が対になっているのが特徴です。

抗体ができただけでは花粉症は発症しません。
次に花粉が体内に入ってきたときに抗体と結合することで、細胞から化学物質が分泌され異物である花粉を体外に出そうとして、くしゃみや鼻水、目のかゆみと言った症状が出ます。

このように、体にとって侵入者となるものをアレルゲンと呼びますが、1度の侵入で症状が出るのではなく、抗体ができてからの反応になります。
抗体ができるまでの期間は人によって異なり、コップの大きさに例えられることが多いです。
様々なアレルゲンに対してコップがあり、そのコップの大きさは個人によって違います。
花粉に長く接していてもコップがいっぱいにならない人もいますし、すぐにコップがいっぱいになってしまう人もいるでしょう。

体の中に本物のコップはありませんが、受け入れられる量が小さければ小さいほど早く発症します。
そのため、まだ発症していない人というのはまだ容量に余裕があるということです。
けれども、少しずつ容量が増えていき、限界になった時に花粉症を発症します。

そのため、この前までは何もなかったのに、突然体が反応するようになり、花粉症になってしまうということがよくあります。
アレルギー体質の人は特になりやすいと言われていて、体質なので遺伝の可能性も非常に高いですがいつ発症するかは分かりません。

医療機関で受けられる花粉症治療はどんなもの?

花粉症は体質だから仕方がないと諦めている人が多いですが、医療機関では治療が可能です。
体質自体を変えることは難しいですが、症状を軽くすることはできます。

まず、病院に行くとどの花粉に対して反応しているかの検査を行います。
スギ花粉が有名ですが、そのほかの花粉に反応している人も多いからです。
その後、薬などで症状を抑えていく治療に入ります。
抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤などで、症状が起きにくくしたり、程度を弱める働きがあります。
点鼻薬や点眼薬など飲み薬ではない形でも処方されています。

これらの薬は個人によって効果が大きく変わってくるのが特徴です。
家族でもある人には非常に効果的だったのに、他の人では眠気が強くでてしまうことがあります。
そのため、余ったからと言って薬を他の人に渡してはいけません。

また、最近減感作療法という治療法も行われるようになりました。
アレルゲンとなる花粉の濃度を薄めたものを、体の中に入れていき、抵抗力を上げていくというものです。
注射で体内に入れたり、舌の下に入れると言う舌下免疫療法と呼ばれる治療法もあります。

そして、手術を行う場合もあり、レーザーで鼻の中の粘膜を照射し、アレルギー反応が起こる場を減らすという治療が行われています。
レーザー治療をする場合は、花粉症が起きる数週間前には照射を終わらせておくといいでしょう。
特に鼻詰まりや鼻水などに対して効果を発揮しますが、花粉の量が多い場合は完全に症状が出ないと言うわけではありません。

このように、花粉症の治療にはたくさんの種類があります。
患者さんの状態に合わせて治療法が選択され、体に合った治療をすることで症状を改善することが可能になります。