花粉はいつまでがピークなの?対策はしっかり!

アレグラは花粉症に効くアレルギー専用鼻炎薬

花粉症に悩む人であれば、アレグラの名前はご存知でしょう。
アレグラこのアレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分とする抗ヒスタミン薬です。
市販薬と処方薬の2種類があり、市販薬は薬剤師のいるドラッグストア、薬局などで購入できます。
一方処方薬の方は、錠剤だけでなくドライシロップ、あるいは水なしの服用ができる口腔内崩壊錠などいくつかの種類があります。

抗ヒスタミン薬というのは、アレルギー反応によって放出されるヒスタミンに働きかける薬のことです。
ヒスタミンが放出されると神経受容体と結合し、この受容体の刺激によって、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出るようになります。
アレグラはこの受容体との結合を遮断する効果があります。
しかもヒスタミンの働きも抑えてくれるので、花粉症によるアレルギー症状の緩和効果が大きいのです。

しかも脳内に入りにくい薬であるため、普通の抗アレルギー薬のように、眠気に悩まされる心配がありません。
ただわずかに作業効率が低下することがあるので、機械を扱ったり、細かい仕事をしたりする人は気をつけるようにしましょう。
口の渇き、あるいは排尿に困難をきたすということもあまりなく、しかも効果が長続きします。

またアレグラは、花粉症に代表される季節性アレルギー性鼻炎のみならず、ハウスダストなどによるアレルギー症状、いわゆる通年性アレルギー性鼻炎にも効果を発揮します。
季節性アレルギー性鼻炎は1年のうちの一定の時期に起こりやすいのですが、通年性アレルギー性鼻炎は1年を通じて症状が出ます。
そのため、いつもくしゃみや鼻炎に悩まされている人の場合は、ハウスダストが原因であると考えるといいでしょう。

ハウスダストの場合はダニの死骸やカビ、細菌などが主な原因となっていることが多いのですが、このハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎も、アレグラを服用することで改善できます。
またハウスダストは、普段からまめに掃除をすることで、ある程度減らすことができます。
その他にも換気を十分にする、あるいは空気清浄機を使うといった方法で、ダニの死骸やカビをかなり少なくすることも可能です。

その他に布製品は、ハウスダストがたまりやすいといわれています。
家具などは布製品以外の物を使うか、またはこまめに洗うようにするといいでしょう。
アレルギー性鼻炎は罹った時の対策も大事ですが、日ごろから予防することも大事です。

アレグラは子供でも飲める?副作用の心配は?

ところでこのアレグラは、子供でも飲むことはできるのでしょうか。
もちろん子供でも飲めます。
アレグラFXジュニアという、7歳から14歳の子供を対象とした市販薬があり、フェキソフェナジン塩酸塩を医療用と同じ分量だけ配合しています。

7歳から14歳というと、ちょうど小中学生の年代に当たります。
この時期は勉強にスポーツに忙しい時期でもありますが、大人用のアレグラと同様に、眠くなりにくいという特徴があります。
そのため眠気に悩まされることがなく、勉強やスポーツなどに打ち込むことができるのです。
ただし7歳未満は服用できませんので注意してください。

それからアレグラを服用していると、副作用として太ってしまうといわれます。
アレグラを日常的に飲んでいると、グレリンという物質が多く分泌され、それによって食欲が増進するためです。
しかしアレグラに添付されている文書には、太るという副作用については記載されていません。
あくまでも可能性としての食欲増進や体重増加は考えられますが、アレグラを飲んでいるからすなわち太るとはならず、また個人差もあります。

そのほかの副作用としては、人によって頭痛や倦怠感、めまいや口の渇きなどの症状が出たりします。
また稀にアナフィラキシー・ショックが起きたり、喉が赤く腫れたりすることもあります。
このような症状が出た場合は、医師または薬剤師に、今後服用を続けていいかどうかを相談するようにしましょう。

副作用を避けるには、飲み方も大事になって来ます。
アレグラは空腹時でも飲める薬ですが、もし副作用が心配な場合は、やはり空腹時の服用は避けるようにしましょう。
特にアレルギー体質とか持病がある場合、あるいは妊娠中の女性などは、やはり事前にそのことを医師に話したうえで、アドバイスをもらうようにしてください。